近鉄バスの廃止路線

近鉄バスの路線は、現在廃止されてる路線がけっこうありますね。
ご存知の方も多いかと思いますが週に1本だけの近鉄バスがありますよね。例えば大阪駅北口のヨドバシ横から出てるバスとか。

採算も合わないと思うので、なんで廃止ししないのか?
あえて残してるのは何か意味があるのかなと思ったりします。

もちろんお客は誰もいないし1日1本以下、廃止しても誰も困らな
いような路線はバス関係者の間で「免許維持路線」と呼ばれてい
るようです。

様々な理由がありますが、「一度廃止すると復活させるのが難
しい」というのが殆どの理由のようですね。なるほど。

現在は、新規参入は一昔前に比べると容易ですけど、それでも
路線を新設するには大きな手間が掛かります。(特にバス停の設置
に関しては道路管理者や警察などの同意も必要な事が多いようです)

大阪駅北口は現在は裏口のような感じですけど、梅田貨物駅の再
開発が終了すれば周辺がどうなるか判りませんので、とりあえず
それまでは路線を維持するつもりなのかもしれませんね。
路線バスの免許維持路線は、全国にありますが、少ないです。

主な特徴は以下の通りです。
・乗客を期待していないから発着時間帯などは全く考慮していない
・収益は期待していないから運行本数が極端に少ない
・併行して鉄道路線とか他社の路線があり、利用者は困らない。

近鉄バスの場合は、停留所の設置権利維持のために運行されてる
ようです。ちなみに御堂筋の梅田停留所から一日50本以上のバス
が運行されていますので利用者は全く困らないですよね。